動画ファイルについて03_h264について

>

今回はH.264に ついてご説明します。

H.264は、ビデオコーデックの一つです。
その圧縮率は非常に高く、
DVDで使用されていたMPEG-2などの2倍以上の圧縮効率のため低容量で高画質です。
そのため、インターネットや携帯電話などの低ビットレートの用途から
ブルーレイなどの高ビットレート用途に至るまで幅広い利用が見込まれています。

H.264では、IDRフレームというIフレームとしても機能する新しいフレームが追加されました。

これについて説明をします。

従来のMPEG-4では、Pフレームについては直前のIフレームとPフレーム
Bフレームは直前および直後のIフレームとPフ レームのみを参照にして動き補償をしていました。
H.264 では参照できる範囲が広がり、直前や直後でなくても、自由に参照フレームを選べるようになったのです。
たとえば、列車がトンネルを通過する場面では、トンネルに入る前の列車の「形状」を参照にすることで、
トンネルから出た列車の「形状」を再現することが可能となります。
しかし、たとえば3時間の映像を制作したときに
最後のカットで最初のカットを参照していたのでは
3時間分の データを一時的に蓄えておく記憶容量が必要となってしまいます。
そこで、IDR フレームを導入することで
PフレームやBフレームがIDRフレームをまたいで参照フレームを指定することができないようにしているのです。

さて、このH.264は、前述したように低容量で高品質なので非常に人気があるのですが難点もあります。
パソコン等で再生するとき、マシンにかかる負荷が大きいのです。

会社にいる社員の数には限りがあります。
「変化の少ない場面では社員数も少なく、変化の多い場面では社員数も多くする」という考え
効率よく仕事量を調整をする「管理部門」には、それなりの頭脳が必要だということです。

※この記事は2015年に書かれたものです

記.杉浦(動画制作)

By