動画ファイルについて04_インターレース とプログレッシブ

>

動画の話をしていると、1080iとか60pとか、iやpといった英字に出会うことがあります。
これはインターレース (interlace scan) や
プログレッシブ (progressive scan)という言葉の頭文字になります。

これは、モニター画面に映像を描写する方式の種類を表しています。
つまり、普段、何げなく見ている映像ですが、その描写方法には2種類あるのです。

まず、「インターレース」。
これは、1枚の画像を奇数段目と偶数段目の2回に分けて描写します。
飛び越し走査方式とも呼ばれ、日本のテレビ放送はこの方式を採用しています(NTSC方式)。

次に、「プログレッシブ」。
これは、写真のように1枚の画像を1回で描写します。パソコンのディスプレイはこの方式です。

「インターレース」は静止画にすると荒く表示されますが
地上デジタル放送などに使われる電波に乗せられる情報量には限りがあるので
映像をなめらかに表示することができ
なおかつ少ない情報量でも相手に見せることができるのでテレビ放送では重宝されます。
インターレースの動画は決して荒くありませんし、普段見ているテレビ放送はまず「インターレース」です。

「プログレッシブ」は情報処理などに時間がかかりますが
静止画や細部などをくっきりと高解像度で表示することができます。
ホームページなど「静止画」を表示することが多いパソコンには適しています。

※この記事は2015年に書かれたものです

記.杉浦(動画制作)

By